LIFESTYLE

大人と子供の夏休みの違いって何だ?

2017年7月、夏本番。
暑い日々が続く中で子どもの頃の「夏休み」の時間の流れを覚えていますか?

朝のラジオ体操、午前中の夏休みの宿題・自由研究、学校で解放されるプール、近場の市民プール、家族で行く海や避暑地、高速道路の渋滞。
小学生には小学生に流れる「夏休み」の時間があるように、中学生、高校生にも部活三昧な時間があり、大学生になるとリゾートバイトに明け暮れるたり、気の合う仲間との旅行や恋人との花火など、休みの経験値が上がるほど積極的に期待値も上がり満足に足りうることを取捨選択していくもの。

大人になると、これまでのような長い休み自体がなくなるので「夏休み」に流れる時間もいつの間にか現実的なルーチンの日常の延長線上にある「夏休み」に上書きされていき「夏休み」の楽しみ方も枠にはまった提供サービスに何となく満足させられてしまっているのかもしれません。

会社から休むことを推奨されても、いざ休む際に「子供の頃のような休み方を忘れてしまう」と何となく自分に合った充実した休みに繋がらない。そんな日常は日本独自なのかもしれません。

休日コンサルタント

投稿者の記事一覧

休日はどちらかというと旅行やイベントなどよりも、日常的な休日時間の過ごし方を大切にしたい40代。好きなテレビは「あばれはっちゃく」

関連記事

  1. 休日珈琲コーヒー | 流れる時間のロマンを感じられる古民家カフェ…
  2. 休日が1.3倍充実する…⁈ 意外と知られていない休み方のススメ
  3. 休日Thinking | 「すごく懐かしい✖&#x…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP