時空を超えた大人の冒険島に行ってみた 2

高いレンガの壁に圧倒!
このレンガの切通しは高さ5~6mの壁ができるよう山を切り開き、空から発見されないよう道を作ったとのこと。
幕末から明治初期にかけては、フランス式のレンガ造りやレンガ積み技術が使用されていました。
明治20年以降、イギリス式が主流となりフランス式で作られた「猿島」の要塞は現存する中で大変貴重なものになっています。

トンネルを抜けるとそこはジャングル
そしてトンネルを抜けると、そこは原生林が生い茂るジャングル状態。
7月だったこともあってレンガとブロックで覆われた空間は湿気と涼しさが漂う。リアルにゲームの主人公になったような気分です。

砲台跡が出現
大きな大砲を360度、回転させられるスペースだそう。
砲台跡なんて普段見ることもないので歴史の流れを感じるところ。
砲台跡から海を見ると横須賀の街や横浜ベイエリアが一望できる!近いことに東京で一番近い無人島だなぁと気づくばかりです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。