TREND

休日珈琲コーヒー | メニューのないカフェ ロストロ

代々木公園近くの宇田川遊歩道にあるカフェ ロストロ。

寒い日の朝だったこともあり、入り口で出迎えていた 石油ストーブ と やかん が目に入ったことで、ちょっと珈琲で温まろうかな?という気分になりました。

「体がほっこりと温まるような珈琲が飲みたい」と店に入ると、意外にも店内で飲む際はメニューが用意されていない…。

これはどういうことかな?と店内に立てかけてある看板を読むと「店内喫茶にはメニューはございません。ロストロのバリスタがお好みを伺いながら、珈琲豆や抽出法を選び、お客様に合わせた一杯をおつくりします。また、次回ご来店された時に同じものは飲めないかもしれません。一期一会の珈琲をお楽しみください」と書かれてありました。そして、店内の奥では近隣に住む欧米の主婦が楽しそうに会話をする様子がありました。

「生産性を上げようと売り手視点でサービス提供する昨今で、こういった珈琲を出してくれる店があるんだなぁ。これをやり続けることの難しさと楽しさがあるのかもしれない」と思いながら、カウンターを見回せば、スペイン製のエスプレッソマシーンやサイフォンが並んでいて、品質を追求する姿勢が伝わってきました。

ただ、この日は時間がなかったので本当ならじっくりとロストロの味を堪能したかったけれど、仕方なくテイクアウトの珈琲をオーダー。すると「酸味がありあっさりしたもの、少しビターなもの、そのどちらも合わせもったもの」の3種類から選べるらしい。

初めて入ったこともあり「あっさりしたもの」を頼むと、ほどなくして一杯の珈琲を笑顔で渡されました。
口に含んだ瞬間「冬の寒い朝にピッタリな一杯」とこだわりの味の深さを感じました。

後で調べてみるとこの店は、コーヒー豆を焙煎してレストランに卸しているロストロジャパンのアンテナショップでした(代表清水慶一氏)

気楽にも飲めるし、深く珈琲を楽しみたい日にも飲めるカフェ ロストロ。

オーダー方法の意外性だけでなく、テイクアウトの珈琲の品質も本当に納得のいく味。

次回はゆっくりしてみたいな。意外性のある休日でした。

 

カフェ ロストロ

住所:〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1丁目14−20

電話03-5452-1450

URL:http://rostro.jp

休日コンサルタント

投稿者の記事一覧

休日はどちらかというと旅行やイベントなどよりも、日常的な休日時間の過ごし方を大切にしたい40代。好きなテレビは「あばれはっちゃく」

関連記事

  1. 休日珈琲コーヒー | 北欧を感じるカフェで休日をデザインする
  2. 話題のキッズウィークって?
  3. 夏の「休み」の最適速度とは?
  4. 休日珈琲コーヒー | 川越の小さなエスプレッソスタンド
  5. 休日分散化推進プロジェクトがジワジワ拡大中?
  6. 適度に「物足りない」状態が豊かな生活に繋がるって?
  7. 話題の伊・伝統菓子 Cialda(チャルダ)で楽しむ自分スタイル…
  8. 「休み方改革」職場一斉 脱「休暇後進国」へ一歩

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP