搭乗券は捨てないで!航空会社キャンペーンで分かる休日デザイン

○○航空にFAXして10,00マイル プレゼント!

「マイルは貯めたいけど、飛行機なんてそうそう乗る機会がない」「格安で搭乗した航空会社がアライアンスメンバーでないので、マイル連携がなく貯まらなかった」などなど、マイルの貯め方について気になったことは誰でもありますよね。
せっかくの休日(夏休み、クリスマス、お正月等)を満喫する手段として空の旅を選択する時って気分もいいもの。でも、肝心のマイルが貯まらない…。

航空会社のキャンペーンの意図


そんな時にネットで調べてみると「国内航空会社の搭乗券のFAXしてもらえば○○航空のマイルが貯まる!」というキャンペーンをついクリックしてしまいます。
この「国内搭乗券は捨てないで!○○航空にFAXして10,00マイル プレゼント!」というキャンペーンは外資系航空会社がJAL、ANA、などの国内航空会社との同一アライアンスを持っていない場合によく行うパターンですね。

参考としてはこんな感じす。

マイル獲得キャンペーン

すべての日本国内線で、1フライトにつき500スカイマイル・ボーナスマイルを獲得可能。
JAL(日本航空)、ANA(全日空)、スカイマークなど日本国内線であれば、航空会社、路線、クラスは問いません!
●対象となるフライト:日本国内定期路線(すべての航空会社・運賃・クラス)
●ボーナスマイル獲得:片道フライトにつき500スカイマイル・ボーナスマイル。
*このキャンペーンは、○○航空が独自に行うものであり、日本国内線を運航する他社との提携によるものではありません。

基本的に個人で利用したフライトならば、一定のフライト数以内なら有料の航空券でも特典航空券であっても対象になる、ということ。
例えば、国内線を利用して宮古島に行った時、あえて直行便を使わず、羽田-那覇-宮古島と乗り継いで往復しました。
そうすると、往復で4本乗ったので、4枚分の搭乗券のコピーを用紙に貼り付けてFAXで送ると、500マイル×4便=2,000マイルを獲得できるというものです。
※FAX申し込みフォームはWebサイトからダウンロードできます。

1円も航空券代をかけていない上、○○航空に全然関係の無いフライトであるにも関わらず、なぜこんな大盤振る舞いを?

この仕組みは何か?

このキャンペーンの目的はズバリ!『マーケティング調査代よりも安上がりで済むから』です。

航空会社にとって路線計画は経営戦略上の要です。そのため、自社のマイレージプログラムの優良会員が他社を含めて通常どのように航空会社を利用しているのかを調査するためのキャンペーンです。
このような調査を調査員を使って信頼できる精度でやろうとするとお、場合により数千万円の調査費用がかかってしまいます。それよりもマイルをプレゼントして自己申告させる方がずっと安いという計算ですね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。