幻を求めて〜噂に聞く”幻の大豆”って何?〜

一粒の大豆が人を幸せにする

幻の大豆 あけぼの大豆を聞いたことはありますか?
山梨県の南部に位置し、中央を北から南に日本三大急流の一つである富士川が流れる町・身延町。この町に幻の大豆と呼ばれる「あけぼの大豆」が生産されています。

幻たるゆえんとは?

幻の大豆と呼ばれる理由は何か?一般に幻の商品というと「生産数が少ない」「品質が非常に高い」「入手困難」などの言葉が必ず付加されるもの。
では、あけぼの大豆の「幻」とは何だろうか?

特徴1

えだまめ、大豆、共に一般のサイズよりも遥かに大きい(約2倍)

>特徴2

甘味が強い

特徴3

口の中での食味が一般の大豆と違う

あけぼの大豆 身延町

あけぼの大豆 身延町

「幻を求める」ということ

味・サイズ・食味において、一般的な大豆と比較して差別化価値が高いことだけでなく、世界で唯一、この身延町でしか生産されない希少性の高さも幻の大豆と呼ばれる所以と言われています。東京都内でもごく限られた高級百貨店等でのみの販売であることから、噂を聞きつけた首都圏および近隣県の方は、収穫フェア(収穫体験)にこぞって参加されています。

雄大な山々と豊かな川の恵みに囲まれた町・身延町。霧深く標高の高い場所で適度な湿度と寒暖の差の中で育つあけぼの大豆は、虫害も少なく色鮮やかで、他の大豆の追随を許さない価値を持っています。

秋に味わう贅沢

日常の休日時間の中で、自然と触れ合い新しい食材に触れてみることも、意外性の高い充実した休日につながると言えます。夏のおつまみのビールとは一味も二味も違う。10月収穫という秋ならではのあけぼの大豆は、お酒はもちろん、お茶にも相性がバッチリ!
あけぼの大豆はまさに今が旬。一度、口にしてみると、もう他の大豆じゃ物足りなさを感じてしまうほど。
休日はちょっと足を伸ばして、山梨県身延町に「幻の大豆」を収穫に行ってみませんか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。